建築構造で物件を選ぶ

建築構造で物件を選ぶ際は、まず大きく、共同住宅か一戸建ての貸家かに分かれます。
また、共同住宅の場合もアパートかマンションか、それともテラスハウスか等の選択肢があります。
ファミリー世帯の場合は共同住宅のほか、一戸建てという選択をされる方も少なくありません。
もっとも、貸家の場合、平屋の木造住宅が多くなりますが、個人が転勤等の理由で二階建て住宅を貸し出しているケースもあります。
一戸建ての建物構造は一般的に木造ですが、最近は省令耐火構造や鉄筋コンクリートなどの耐火構造のものも増えてきました。
また、建築基準法の改正以降に建てられた建物であれば、耐震性にも大きな問題はありません。
一人暮らしの方や都心部で家を探す場合は、共同住宅という選択肢が圧倒的に多くなります。
アパートは築年数が古いものは、その多くが木造です。
耐震性や耐火性、セキュリティー体制はマンションに比べて劣りますが、家賃が手頃なのが魅力です。
マンションの場合は築年数やブランド等によってもグレードに差が出ますが、基本構造としては鉄筋コンクリート造りで耐火性と耐震性が高いのがメリットです。
耐震性は耐震構造、制震構造、免震構造と大きく3つの工法があるため、マンションを選ぶ際は、どの工法を利用しており、どの程度の強度が期待されるのか確認しましょう。
セキュリティー体制については、マンションによって大きく異なります。
各部屋の玄関のみオートロックのケース、共同のエントランスとのダブルオートロックのケースなど様々なので、マンションが全て防犯性に優れているというわけではないので確認が必要です。
テラスハウス方式の賃貸住宅は、主に地方の住宅街などで見られます。
同じ構造の家が長屋のように連続していますが、上下階で別の世帯が住むのではなく、2階建ての戸建て感覚で使える構造が魅力です。